大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

‘風俗関連事件’一覧

「乱交パーティー」経営の疑いで男ら逮捕

マンションで「乱交パーティー」形式の売春クラブを経営したとして、大阪府警保安課と曽根崎署は20日、売春防止法違反容疑で、大阪市浪速区の売春クラブ「タッチ」を摘発し、経営者の川崎一也容疑者(49)ら2人を逮捕したと発表した。

大阪府警によると、川崎容疑者は18日午後1時ごろ、浪速区日本橋のマンション1室で、無職男性(60)に、ピアノ教師(46)と風俗店店員(28)の女性2人を売春させるために紹介した疑いが持たれている。

川崎容疑者はインターネット上で「大阪市内で大人のパーティーを開催しています」と宣伝していたという。

入会金5000円と身分証の提示を受けて会員登録し、月約30回(昼の部と夜の部)の乱交パーティーを開催していた。

パーティーは完全予約制で、電話をかけてきた男性会員から1回2万3000円の参加費を徴収していたらしい。

店は2006年12月から営業しておりクラブに在籍する20~50代の女性従業員を派遣していた。

さらにインターネット上で「見学の女性客は無料」と誘って、見学に来た女性を従業員にスカウトしていたという。

大阪府警によると、川崎容疑者は「1000人くらい会員がいた」と供述しており、これまでに5000万円以上の売り上げがあった。

大阪府警は売春クラブの経営実態を詳しく調べている。

投稿者: 2009年2月 20日

偽装ネットカフェ摘発!実態は風俗店無料案内所

大阪のミナミでインターネットカフェを装い風俗店の無料案内所を営業したとして、大阪府警保安課と南署は18日、府風俗案内防止条例違反(無届け営業)容疑で、大阪市中央区宗右衛門町の「ナイトイン大阪」の経営者の男(65)を書類送検した。

風俗案内所の営業時間は同条例で午前1時までと定められているが、同店はインターネットカフェを装い、午前1~5時に営業していた。

男は「激戦区のミナミでもうけるため、他店閉店後に店を開けた」と供述しているという。

条例で禁じられている午前1時以降に風俗店に客を紹介しており、今年1月までにキャバクラなど24店から紹介手数料を受け取り約1300万円の手数料収入を得ていたという。

今年の3月末で性風俗店への案内が全面禁止する前の摘発・・・。偶然なのか必然なのか。。。

投稿者: 2009年2月 19日

「バカ一代日本橋店」摘発 禁止区域で店舗型ヘルス

禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業していたと思われるマンション
大阪府警南署は12日までに、禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業したとして風営法違反の疑いで、大阪・ミナミの風俗店「バカ一代日本橋店」経営河崎智史容疑者(35)=大阪市北区兎我野町=ら2人を逮捕するなど18人を摘発したと発表した。

南署によると、病院から200メートル以内の禁止区域にもかかわらず、派遣型ファッションヘルスを装い、河崎容疑者は7階建てのマンション全室を借り、受付と待合室のほか19室の個室を設けていた。

お店としての看板は出していなかったらしい。

調べでは、河崎容疑者らは店舗型ヘルス店の営業が禁止されている大阪市中央区道頓堀1丁目のマンションで10日午後、従業員女性(28)に大阪市の会社員(47)へ性的サービスをさせた疑い。

派遣型ヘルス店の届けは出していたようだ。

河崎容疑者らは容疑を認めているという。

※写真は禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業していたと思われるマンション

投稿者: 2009年2月 12日

仰天!ガールズバーの店長は17歳 

女子中学生を従業員として働かせたとして、大阪府警は3日、大阪市北区のガールズバー「エスケープ」の経営者、佐野宏之容疑者(23)=同市都島区中野町1丁目=を風俗営業法違反(年少者雇用)と労働基準法違反容疑で逮捕したと発表した。

佐野容疑者はこの女子中学生のほか、17歳の少女2人を雇って店長、副店長に任命し、この店を運営させていたという。

少年課によると、佐野容疑者は昨年12月、大阪市の中学3年の女子生徒(14)に夜間、接客や路上での客引きをさせた疑いが持たれているらしい。

佐野容疑者は開業約1カ月後の昨年9月末ごろ、「男がいたら店の雰囲気が暗い。明日から自分は来ない」と言って、17歳の少女2人を店長と副店長にしたという。

2人はほかの少女を雇って営業し、5カ月で約800万円を売り上げていたというから驚きである。

同課は、2人が調べに対して「役職を任され、やりがいがあった」と話しているらしい。

少年課はこれまでに、同店で働いていた兵庫県宝塚市の中学3年の女子生徒(15)ら少女2人を保護しているらしく、ほかに数人の中学生が働かされていたとの情報があり、裏付けを進める。

投稿者: 2009年2月 3日

大阪の違法風俗店から用心棒代を受け取り組員逮捕

大阪市北区で違法風俗店3店を営業したとして経営者ら20人が逮捕された事件で、大阪府警生活安全特捜隊と曽根崎署は28日に、違法な風俗営業の収益と知りながら経営者から用心棒代を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の疑いで箕面市坊島、山口組系暴力団組員、河本堅志容疑者(34)を逮捕したと発表した。

河本容疑者は「現金は受け取ったが、風俗営業の収益とは知らなかった」と一部否認らしい。

しかし、平成19年9月に店を直接訪れて用心棒代を要求しており、府警は違法な収益との認識があったとみている。

調べによると、河本容疑者は20年10月21日に、大阪市北区の風俗店の店内で、月々の用心棒代として13万円を受け取った疑いがもたれている。

投稿者: 2009年1月 29日