大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

‘風俗関連ニュース’一覧

風俗店接待、収賄の元警官2人、起訴内容認める

2018年10月3日 22時55分

毎日新聞 転載

 違法風俗店に関する捜査情報を漏らす見返りに飲食接待を受けたとして、加重収賄などの罪に問われた大阪府警の元巡査長、篠原渉(35)と小野勇気(34)の両被告(いずれも懲戒免職)の初公判が3日、それぞれ大阪地裁(渡部市郎裁判長)であり、2人は起訴内容を認めた。

 篠原被告の公判は即日結審し、検察側は「警察官の職務の清廉性を害し、高級キャバクラでの接待を期待した動機に酌量の余地はない」として、懲役2年6月と追徴金約23万円を求刑した。

 篠原被告は「自分が利用されるとは考えなかった」、小野被告は「情報が風俗店側に漏れるのではと疑ったが、(相手が)尊敬する先輩なので大丈夫と思った」と述べた。

 贈賄などの罪に問われた府警OBで行政書士事務所職員だった阿田裕俊被告(33)は、この日の初公判で起訴内容を認め、捜査情報の漏えいは「よくある」と述べた。検察側は、漏えいの影響で捜査対象者が風俗案内所2店を事前に閉鎖していたと指摘し、懲役2年を求刑した。

 起訴状によると、篠原、小野両被告は昨年9~今年1月、阿田被告に強制捜査の日付や対象の店舗名を教えた見返りに、計約40万円の接待を受けたとされる。

投稿者: 2018年10月 4日

風俗情報漏洩の元警察官に懲役2年求刑 大阪地裁

 風俗店に関する捜査情報を漏洩(ろうえい)する見返りに、大阪府警の警察官2人が飲食接待を受けたとされる汚職事件で、贈賄などの罪に問われた元府警巡査長で行政書士事務所職員だった阿田裕俊(あだひろとし)被告(33)の初公判が3日、大阪地裁(渡部市郎裁判長)で開かれ、阿田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

検察側は「警察組織の上下関係を悪用し、情報を得ており悪質」として懲役2年を求刑し、即日結審した。判決は11月16日。弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。

起訴状などによると、阿田被告は平成29年9月~今年1月、曽根崎署生活安全課の元巡査長、篠原渉(わたる)被告(35)=加重収賄罪などで起訴=と府警生活安全特捜隊の元巡査長、小野勇気被告(34)=同=に捜査対象の店名や時期などを漏らすようそそのかし、大阪市内のキャバクラなどで計約41万6千円相当の接待をしたとしている。

府警は今年7月に3人を逮捕。篠原、小野両被告は8月に懲戒免職となった。3日午後には、両被告の初公判も開かれる。

投稿者: 2018年10月 4日

デリヘル店長に脅迫文、男逮捕

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

大阪府警は2日に、大阪市内でデリヘルを経営する男性店長(32)に繰り返し脅迫文を送ったとして、威力業務妨害と強要未遂の疑いで、大阪府茨木市の会社役員桑原康史容疑者(57)を逮捕したようだ。

逮捕容疑は昨年11〜12月に「速やかに店を閉めてください」「おまえの嫁レイプしたる」といった脅迫文を4回郵送して業務を妨害し、閉店させようとした疑いがあるらしい。

大阪府警によると
「風俗嬢を辞めさせることが目的で、脅したり業務を妨害したりしたつもりはない」
と否認しているようだ。

昨年11月9日、最初の脅迫文が届き、店長が府警に被害届を提出したそうだ。
今年1月には、大阪市内の警察署にも捜査をやめるよう脅す文書が2回届いており、関連を調べているようだ。

投稿者: 2014年3月 4日

監禁容疑で大阪の風俗店員たち4人を逮捕

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

勤務先の風俗店を無断で退職した男性を事務所に監禁したなどとして、淀川署は組織犯罪処罰法違反(逮捕監禁)や傷害などの容疑で神戸市東灘区住吉本町の風俗店店員、徳久大祐容疑者(33)ら男女4人を逮捕したようだ。

徳久容疑者の逮捕容疑は2月10日に部下の男性(35)が無断で退職したことに腹を立てて、他の従業員らと共に大阪市淀川区十三本町にある事務所に監禁したらしい。

約2時間半にわたって殴る蹴るの暴行を加えて軽傷を負わせた上に勤務先など4店舗の清掃を強要したようだ。

徳久容疑者は「連れ去ったことは間違いないが、そんなに長い時間ではない」と容疑を一部否認しているらしい。

投稿者: 2013年6月 4日

風俗店長、生活保護不正受給…大阪市

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

無収入と偽って生活保護費を不正受給したとして、大阪府警警備部は14日に大阪市淀川区新高の風俗店店長石川竜雄容疑者(47)を生活保護法違反容疑で逮捕したようだ。

石川容疑者は受給申請時に同区内の低所得者支援団体から助言を受けており、府警は団体の関与の有無についても慎重に調べているらしい。

発表では石川容疑者は昨年11月に風俗店の実質経営者から月給を受け取りながらも収入がないと偽って市から同年12月分の保護費14万円を受け取った疑いがあるようだ。

しかし、石川容疑者は否認しているらしい。

石川容疑者は2011年9月頃に団体に入会しているようで同月、団体幹部とともに同区役所を訪れて生活保護を申請し昨年末までに約190万円を受給していたらしい。

団体には会費として月千数百円を支払っていたらしいが、団体は「担当者が不在でわからない」としているようだ。

投稿者: 2013年2月 16日