大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

‘大阪風俗関連事件’一覧

大阪市の繁華街、客引き全面禁止 条例施行でミナミ巡回

繁華街でのあらゆる客引き行為を禁止する罰則つきの条例が1日に施行され、
2日にはミナミ周辺で市の指導員が巡回したらしい。
悪質な客引き行為への苦情が多い地域だが、条例施行直後のためか客引きの人数は
普段より少なかったそうだ。
指導員が条例の内容を知らせるチラシを手渡したそうだ。
罰則は10月から適用されるらしい。

新しい条例は、風営法や迷惑防止条例が禁止する風俗店の客引きだけでなく、
居酒屋やカラオケなども対象とするらしい。
今後指定する「禁止区域」では、客引きのほか
勧誘や客待ちなども一切禁じるそうだ。
指導に従わなければ勧告、さらに中止命令を出し、
それでも従わなければ5万円以下の過料が科せられるらしい。
市は今後、禁止区域に想定されるミナミやキタの繁華街などで
夕方から夜にかけて巡回するそうだ。

投稿者: 2014年6月 10日

【元クラブ経営者に無罪の判決】

公安委員会の許可を得ずにクラブを営業し、客にダンスなどをさせたとして、元経営者が風俗営業法違反の罪に問われた事件の裁判で、大阪地裁は「摘発されたクラブで行われていたダンスは、法律で規制の対象となる『性風俗を乱すおそれがある享楽的なダンス』には当たらない」と指摘して無罪判決を言い渡したそうだ。

大阪・北区でクラブを経営していた被告は、公安委員会の許可を得ずに店を営業し、客にダンスや飲食をさせたとして風俗営業法違反の罪に問われたらしい。
裁判で、元経営者側は「60年以上前にできた風俗営業法は時代遅れで、クラブの営業は法律で規制の対象となる風俗営業には当たらない」として無罪を主張していたそうだ。
判決で、大阪地裁は、「摘発されたクラブで行われていたダンスは、客が音楽に合わせてステップを踏んだり、腰をひねったりする程度で、店がわいせつな雰囲気をあおることもなかった。風俗営業法で規制の対象となる『性風俗を乱すおそれがある享楽的なダンス』には当たらない」と指摘して無罪を言い渡したそうだ。
元経営者側は、風俗営業法でクラブなどのダンスを規制することは、憲法で保障された表現の自由などの侵害に当たると主張していたらしいが、裁判所は「性風俗秩序の乱れにつながるおそれがある場合は、営業を規制する必要性は高い」と指摘して、憲法には違反しないという判断を示したそうだ。

投稿者: 2014年4月 30日

デリヘル店長に脅迫文、男逮捕

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

大阪府警は2日に、大阪市内でデリヘルを経営する男性店長(32)に繰り返し脅迫文を送ったとして、威力業務妨害と強要未遂の疑いで、大阪府茨木市の会社役員桑原康史容疑者(57)を逮捕したようだ。

逮捕容疑は昨年11〜12月に「速やかに店を閉めてください」「おまえの嫁レイプしたる」といった脅迫文を4回郵送して業務を妨害し、閉店させようとした疑いがあるらしい。

大阪府警によると
「風俗嬢を辞めさせることが目的で、脅したり業務を妨害したりしたつもりはない」
と否認しているようだ。

昨年11月9日、最初の脅迫文が届き、店長が府警に被害届を提出したそうだ。
今年1月には、大阪市内の警察署にも捜査をやめるよう脅す文書が2回届いており、関連を調べているようだ。

投稿者: 2014年3月 4日

監禁容疑で大阪の風俗店員たち4人を逮捕

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

勤務先の風俗店を無断で退職した男性を事務所に監禁したなどとして、淀川署は組織犯罪処罰法違反(逮捕監禁)や傷害などの容疑で神戸市東灘区住吉本町の風俗店店員、徳久大祐容疑者(33)ら男女4人を逮捕したようだ。

徳久容疑者の逮捕容疑は2月10日に部下の男性(35)が無断で退職したことに腹を立てて、他の従業員らと共に大阪市淀川区十三本町にある事務所に監禁したらしい。

約2時間半にわたって殴る蹴るの暴行を加えて軽傷を負わせた上に勤務先など4店舗の清掃を強要したようだ。

徳久容疑者は「連れ去ったことは間違いないが、そんなに長い時間ではない」と容疑を一部否認しているらしい。

投稿者: 2013年6月 4日

風俗店長、生活保護不正受給…大阪市

[PR]
リニューアル!大阪・京都・神戸の風俗店情報満載 まいど風俗ネット

無収入と偽って生活保護費を不正受給したとして、大阪府警警備部は14日に大阪市淀川区新高の風俗店店長石川竜雄容疑者(47)を生活保護法違反容疑で逮捕したようだ。

石川容疑者は受給申請時に同区内の低所得者支援団体から助言を受けており、府警は団体の関与の有無についても慎重に調べているらしい。

発表では石川容疑者は昨年11月に風俗店の実質経営者から月給を受け取りながらも収入がないと偽って市から同年12月分の保護費14万円を受け取った疑いがあるようだ。

しかし、石川容疑者は否認しているらしい。

石川容疑者は2011年9月頃に団体に入会しているようで同月、団体幹部とともに同区役所を訪れて生活保護を申請し昨年末までに約190万円を受給していたらしい。

団体には会費として月千数百円を支払っていたらしいが、団体は「担当者が不在でわからない」としているようだ。

投稿者: 2013年2月 16日