大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

違法ガールズバーにご注意を!?

[PR]
風俗探しは携帯で!GPSで瞬間検索!!

皆さんもご存知でしょう、昨年末に人気お笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(39)が、大阪・難波のガールズバーで店員に暴行を働いた容疑で逮捕された事件。
その後、事件現場となったガールズバーにも違法営業の疑いが浮上したのです。

ガールズバーって、簡単に言えばバーテンダーが女性のバーのことです。
客はカウンターに座って、カウンター越しに立った女性バーテンダーにお酒を頼んでおしゃべりを楽しむのが通常のスタイルなのです。
だが、大阪が発祥と言われるこのガールズバーは、違法営業を行なって摘発されるケースが少なくないのです。
摘発の対象となるのは、ほとんどのケースが「接客」という概念だそうです。「飲食店」として届けを出しているガールズバーでは、女性店員による接客行為は認められていないのです。
これにより「隣に座って接客する」「カラオケでデュエットをする」などはアウト!

客と女性バーテンダーがカウンター越しに向かい合って話すのはセーフだが、女の子にタバコの火をつけてもらうとこれは「接客」にあたるのです。
もしこうした接客行為を行うのであれば、通常の飲食店の許可ではなく風俗営業許可を取らなくてはならないのです。

風俗営業許可を取るためには、店の立地や構造(広さ、照明の明るさ、防音etc…)、人的要因(過去に風俗営業許可の取り消しを受けていないか等)などが審査されるが、決して難しいものではない。
それではなぜ、摘発されてしまうような危ない橋をわざわざ渡るのだろうか?

それは風俗営業許可を取ると、深夜12時まで(地域によっては深夜1時まで)しか営業ができないからだと思われます。
「飲食店」として「深夜酒類提供営業」を提出していれば、深夜1時以降に店を開けていても問題はない。
かくして「『ウチは飲食店ですから』という形で深夜まで営業しつつ、実質はキャバクラ」というガールズバーが数多く存在し、そういった店がしばしば摘発されているのだ。

万が一摘発の現場に客として居合わせた場合、店長や店員の女性はもちろん、客も事情聴取の対象となる可能性は高いので気をつけましょう。

夜中12時(地域によっては1時)を過ぎても女の子が隣に座っていたり、タバコに火をつけたりしてくれたらその時点で法令上はアウトなので、覚えておいて損はない。

タグ:

この記事は 2010年1月12日 の 12:27 PMに投稿されました。