大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

大阪府警がキタの浄化に特別隊を新設

関西有数の繁華街であり、風俗激戦区の大阪・キタ(兎我野町など)を浄化しようと、大阪府警は四日付で、管轄する曽根崎署に「キタ特別警察隊」を新設したらしい。

違法な風俗店の取り締まりなどを強化するのが目的らしいが・・・。

府警によると、署長直属の組織で警部を隊長に十七人で構成するらしく、梅田地区や曽根崎地区などで夜間を中心に活動し、暴力団の犯罪行為や無許可営業の風俗店、不法滞在の外国人などの摘発や取り締まりに当たる。

キタと並ぶ大阪・ミナミの歓楽街対策として、南署には既に「ミナミ特別警察隊」が設置され、犯罪抑止などに効果が出ていることから、曽根崎署にも同様の部隊をつくることにしたようだ。

また府警は四日付の組織改編で、六十四署のうち六十一署に「直轄警察隊」を設置したらしい。

各署長の指揮下で機動的に運用され、街頭犯罪や侵入犯罪の抑止対策のほか、重大事件の捜査にも当たる。

確かに違法風俗店などの摘発には全力を尽くして頂きたいが、楽しく遊びたい風俗客にとっては、制服姿の警察官がウロウロされるとお店に入りにくいどころか、その地域に寄り付きたくなくなるのでは・・・?と、風俗店関係者がもらしていた。

タグ:

この記事は 2008年3月4日 の 12:01 AMに投稿されました。