大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

たこ焼き店に偽装していた風俗案内所を摘発

[PR]
大阪の無料案内所が携帯電話で!

風俗店無料案内所を無届けで営業したとして、大阪府警保安課と淀川署は18日、大阪市淀川区十三本町の案内所「タコヤキナン」従業員・高田達男容疑者(46)(大阪市淀川区塚本)を府特殊風俗あっせん条例違反容疑で逮捕、経営者の男(46)についても同容疑で逮捕状を取ったと発表したらしい。

性風俗店の紹介を禁止する同条例が4月に施行された後、同店は店先の屋台でたこ焼きを売るようになったが、府警は摘発を免れるため、たこ焼き店を装っていたとみているようだ。

発表によると、高田容疑者は今月4日、同店で男性客(41)にキャバクラを紹介した疑いがあり、同店は「名案内コナン」の名で案内所を営業していたが、5月に自主廃業を届け出。6月に同市保健所の許可を得て、たこ焼き店として営業を始める一方で、店内では紹介を続けていたという。

タグ:

この記事は 2009年11月20日 の 12:01 PMに投稿されました。