大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

元風俗嬢らが白昼の公園で「M字開脚」で逮捕

[PR]
現在、待機中の風俗嬢人数を配信中!

公園の滑り台でモデル役女の下着を撮影したなどとして、大阪府警港署は14日までに、府迷惑防止条例違反の疑いで、京都市右京区のタクシー運転手の男(38)と住所不定、無職の女(25)の2名を逮捕したようだ。

現場は住宅街にあり、幼稚園児らが集まる公園らしい。

2人はネットで知り合い、女は1万円+交通費をもらい、「M字開脚」のようなポーズで男に「ナマ足パンチラ」写真やビデオを撮らせていたらしい。

合意した男女が「パンチラ撮影」で摘発されるのは極めて異例という。

港署に逮捕されたのは、タクシー運転手田辺潔容疑者と、無職黒沢舞慈容疑者で、逮捕容疑は12日午前10時55分ごろ、大阪市港区の市岡元町公園の滑り台で、黒沢容疑者がパンティーが見える格好をし、田辺容疑者がビデオカメラで約5分間撮影した疑いのようだ。

同署によると、田辺容疑者は当時、ビデオカメラのほか、一眼レフのフィルムカメラも所持し、それでも数十枚撮影していたとみられるようだ。

また、黒沢容疑者に対し、撮影ギャラとして1万円+交通費2000円の計1万2000円を渡していたという。

田辺容疑者は容疑を認めているが、黒沢容疑者は「写真は撮ってもらったが、下着は撮らせていない。金ももらっていない」と話しているというが・・・。

田辺容疑者は約1カ月前から、インターネット上で「パンチラ撮影」相手の女性を探していたらしい。

黒沢容疑者とも最近ネットで知り合い、メールなどを通じて「1万円と交通費でパンチラを撮らせてほしい」と打診していたようで、黒沢容疑者が受諾し、撮影が実現したようだ。

この日は公園近くの駅で待ち合わせ、初対面、公園に移動し、ギャラを渡した後、撮影を始めたと証言しているようだ。

この日は連休最終日の昼間で公園は住宅街にあり、隣は中学校がある。

当時、幼児園児くらいの子ども数人のほか、母親も数人いたようで、そんな中、地味な外見の「フツーの中年男」と、肩より長いストレートの金髪に、青いミニのワンピース、ハイヒール姿の派手なギャルという“異色カップル”の出現は目立っていたようだ。

黒沢容疑者は、滑り台の上で、中腰でしゃがみ込む途中にまたを開くような、いわゆる「M字開脚」に近いポーズなどをとり、田辺容疑者は滑り台下部で立った状態で撮影。パンティーは白で、ナマ足だったという。

近くを通った女性が「釣り合わない」カップルの不審さに気づき、2人がパンチラ撮影行為をしていたことも確認し、不快に感じ、近くの交番に知らせたらしい。

黒沢容疑者は性風俗店を転々としていたが、現在はどの店にも属していないと話しており、パンチラ撮影が「裏バイト」だった可能性もあるようだ。

田辺容疑者は「下着の撮影が趣味で、過去にもやった」と供述しており港署では、余罪も含め追及している。

タグ:

この記事は 2009年10月15日 の 11:14 AMに投稿されました。