大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

中央区のビジネスホテル内で営業のモグリエステ店を摘発

大阪府警保安課は21日までに、ビジネスホテルの客室で違法エステ店を営業したとして、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、経営者の西村浩治容疑者(25)=大阪府東大阪市長堂2丁目=ら2人を逮捕したと発表した。

調べによると、西村容疑者らは店舗型性風俗店の営業が禁止されている大阪市中央区のビジネスホテルで、4階客室を長期に借りてエステ店を経営していたという。20日午後、男性(45)に性的サービスを提供した疑い。しかし、ホテル側の関与はないものとみられる。

西村容疑者は「2006年7月ごろ長期にわたり部屋を借りて、1日約16万円売り上げていた」と供述しているらしい。

モグリ(未届け/未許可/未承認での風俗営業)で行われている確信犯の業者は確かにあると思うが、中々摘発できないのが実情らしい。とりわけ内外部からの告発が無ければ実体が掴み難いのだと思う。今回の摘発のきっかけはなんだったんだろうか・・・?ホテル側も商売だろうが少しは異変に気づけよなっ!ブツブツ…

タグ:

この記事は 2008年5月21日 の 1:23 PMに投稿されました。