大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

簡裁判事が風俗店女性の唇かむ!?

大阪府枚方市の枚方簡裁の簡裁判事(60)が昨年10月、神戸市内の風俗店で女性店員にサービスの範囲を超えるわいせつな行為などをしてけがを負わせていたことが23日、分かった。

強制わいせつ致傷容疑で書類送検されたが、店員と示談が成立したため、神戸地検は不起訴処分(起訴猶予)としたが、大阪地裁は簡裁判事を厳重注意処分として依願退官した。

同地裁によると、元簡裁判事は昨年10月6日深夜、神戸市内の風俗店に行き、女性店員の唇を強くかんで数週間のけがを負わせるなどしてトラブルになったらしい。

店側が警察に届けたが、その後に店と店員に謝罪をし、170万円支払うことで示談が成立した。

元簡裁判事は一連のトラブルを同月15日、地裁に報告し、その際に辞表を提出。同地裁は11月16日に厳重注意処分とし、同日依願退官したという。

このドSがぁ!

タグ:

この記事は 2008年1月23日 の 10:50 AMに投稿されました。