大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

大阪 日本橋 SMクラブ「べっぴんさん」の生体験談

[PR]
待機中の風俗嬢人数を、携帯でリアルタイム受信!!

梅雨にもまけず、風にもまけず、、、本日も俺様の風俗生体験記から届いた特選大阪風俗体験談をご紹介!

大阪 日本橋 SMクラブ「べっぴんさん」の生体験談 大阪 日本橋 SMクラブ「べっぴんさん」の生体験談 大阪 日本橋 SMクラブ「べっぴんさん」の生体験談
べっぴんさん在籍
ななせさん(31)
身長:154㌢
バスト:90㌢(E)
ウェスト:61㌢
ヒップ:88㌢

2009年6月2日(火) ゆうさん44歳の体験談

大阪風俗情報サイトのまいど風俗ネットに掲載中、「日本橋人妻SMクラブべっぴんさん」のオープン7周年記念のイベント企画が継続中です。
今回は75分15000円のMコースを選択。

パネルで「ななせ」嬢を指名。待合室で待っている間にプレイに関するアンケートを記入。
ここで正直に記入することが、楽しく遊べる秘訣です。

しばらくして「ななせ」嬢の準備が完了。入り口を出たところのエレベータ前で待ち合わせ。落ち着いた感じの女性でいい感じ。
ここでアンケートを手渡し。

腕を組みながら、近くのファッションホテルへ。平日にもかかわらず、なぜかホテルは、順番待ちのカップルで一杯状態。
20分以上待ってやっと部屋へ。

ソファーに座り、彼女は、先ほど渡したアンケートをチェック。Mな希望を一杯書いておいたので、それを見て「女装してみる」と。
大きなバックの中には、いろんな道具とともにランジェリーも入っていて、その中の白いレースのキャミソールに決定。
そして、まずはひとりでシャワーへ、彼女は、プレイの準備。

シャワーから出てくると、彼女は赤いエナメルのボンテージコスチュームを身につけエロエロムード満点。
こちらも先ほどの白いキャミを着て準備完了。女の子みたいになってしまいました。
彼女は縛るのが得意ということでいきなり頭の後ろで両手を縛られてしまいました。

そして、そのまま、部屋の梁にくくられてしまいました。こんな本格的な縛りは初めてです。
縛られている最中も何か変な感じで妙に興奮してしまいました。縛られ願望があったのか・・・。

ここから彼女の責めの開始です、無防備なち○ぽを指でなぞりながら、「もう硬くしてるの、変態ね」「身動きとれなくてとてもいい格好ね」と言葉責め。

ねっとりとした責めにこちらのち○ぽは更に興奮状態。
さらに彼女は、ローションを手につけその手を股間から後ろにまわし、アナルを刺激、思わず感じてしまい腰を引いてしまうほどゾクゾクとなってしまいました。
そして、「こうして欲しいんでしょ」と指をアナルへ。スルっと挿入された指で微妙な刺激。始まったばかりなのに感じまくり状態。

続いてベッドへ。手は縛られたまま。四つんばい状態にされ、更にアナル責め。「指は何本入るの?」といいながら2本。またもやグリグリ。「もっと?」といいながら彼女はゴム手袋を装着。続いて3本、彼女の3本の指を受け入れてしまいました。「しっかり締めなさい」といいながら、更にもう1本。

「自分で腰を使いなさい」と命令され、前後に腰を動かすと彼女の指がグイグイ中に入ってきて、なんともいえない感じでもうメロメロ状態です。もう一方の手で、ち○ぽをローション責め、何度もイキそうになるところを寸止め地獄。

彼女のテクに参った状態。アナルに入った指とローション股間責め、手の動きが更に激しくなり、とうとう我慢できません。イってしまいました。

ロープを解いてもらい、もう一度シャワーでローションまみれの体を洗い。ベッドに戻ると、やさしく抱きしめてくれ、彼女の暖かくやわらかいからだの感じがとても素敵でした。そして、「まだ時間あるよ、もう一回いける」と・・・。

今度は濃厚なキスと同時に彼女は唾液をこちらの舌に絡めて、長いディープキス、彼女の舌もやわらかくとてもエロいキス。「自分で手コキしなさい」とのことでキスの間中自分でコキコキ。

彼女のおいしい唾液を十分に頂いた後は、お尻での圧迫プレイ、彼女は顔面騎乗体勢、こちらも負けずに彼女の股間を舌で舐め攻撃、おいしく味わせていただきました。

時間目一杯楽しい時間を過ごし、もうおなか一杯、とても満足って感じでした。

■投稿者評価[MAX★★★★★]
女の子のレベル = ★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

★ショップデータ★
店名:べっぴんさん
業種:SMクラブ
住所:大阪市中央区日本橋
営業:9:30~LAST
電話:06-6212-5544
URL :http://www.beppin-san.com/

タグ:

この記事は 2009年6月12日 の 11:46 AMに投稿されました。