大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

風俗店の案内禁止★ミナミの無料案内所立ち入り調査

[PR]
大阪の無料案内所が携帯電話に!賢い男は携帯で捜す★

大阪府が全国で初めて、性風俗店を紹介する「風俗案内所」の営業を規制する条例を施行した1日、府警保安課と南署は、大阪ミナミの歓楽街・宗右衛門町で、案内所の立ち入り調査を行ったらしい。

キャバクラなど一般風俗店の案内所も規制され、出店に土地所有者らの同意書も必要になるなど「日本一厳しい条例」(府警)ともいわれているが「案内所が別の形態に変わるだけではないか」という懸念もあるという。

無料案内所は、客を案内するたびに風俗店から手数料を得ているとされ、一部が暴力団の資金源になっている疑いがあることから、府や大阪府警が規制強化を検討していた。

改正条例では、風俗店への案内のほか、学校や病院の100メートル以内などでの案内所の営業も禁止される。

この日は午後7時半ごろから、緑色の腕章を巻いた捜査員らが、宗右衛門町で営業する案内所に立ち入り、業務員名簿の提出を求めるなど業務実態を調査したようだ。

違反の恐れがある店に対して指導や警告を行い、誓約書を書かせるなどしたらしい。

府警によると、府内の風俗案内所は昨年11月末で212カ所だったが、今年3月末には178店に減少したようだ。

条例施行前日には8件が「駆け込み廃業」したといい、同課は「性風俗のあっせんができなくなる業者が、業績不振を見越して閉店している」とみている。

また、ミナミで最も多くの案内所が集まる宗右衛門町の32店のうち、22店が閉店していたという。

だが、土地所有者は案内所側とは直接の取引関係にないことも多く、その場合は同意書の交付をためらう可能性が高いとみられるという。

府警幹部は「新条例は実効性があり、少なくとも現在の7割程度の案内所は姿を消すことになる」と自信をみせる。

ただ「結局は警察と業者のイタチごっこになるのではないか」と冷ややかな見方もあるようだ。

宗右衛門町にある風俗無料案内所のある従業員(38)は「確かに斡旋業務は禁止されたが、何とか抜け道を考えるつもり」と打ち明ける。

法律・条令はキチンと厳守しましょう!

案内所を利用していた方はこのサイトを利用しましょう。
↓↓↓

これからの常識★大阪の風俗店は携帯で捜す

タグ:

この記事は 2009年4月2日 の 9:49 PMに投稿されました。