大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

「バカ一代日本橋店」摘発 禁止区域で店舗型ヘルス

禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業していたと思われるマンション
大阪府警南署は12日までに、禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業したとして風営法違反の疑いで、大阪・ミナミの風俗店「バカ一代日本橋店」経営河崎智史容疑者(35)=大阪市北区兎我野町=ら2人を逮捕するなど18人を摘発したと発表した。

南署によると、病院から200メートル以内の禁止区域にもかかわらず、派遣型ファッションヘルスを装い、河崎容疑者は7階建てのマンション全室を借り、受付と待合室のほか19室の個室を設けていた。

お店としての看板は出していなかったらしい。

調べでは、河崎容疑者らは店舗型ヘルス店の営業が禁止されている大阪市中央区道頓堀1丁目のマンションで10日午後、従業員女性(28)に大阪市の会社員(47)へ性的サービスをさせた疑い。

派遣型ヘルス店の届けは出していたようだ。

河崎容疑者らは容疑を認めているという。

※写真は禁止区域で店舗型ファッションヘルス店を営業していたと思われるマンション

タグ:

この記事は 2009年2月12日 の 3:41 PMに投稿されました。