大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

違法ガールズバー摘発続出!

無許可で風俗営業法上の接待行為をしたとして、大阪府警は3日、大阪市中央区宗右衛門町のガールズバー「サバス・カフェ」を経営する竹下寧(やすし)容疑者(30)=大阪市都島区=ら3人を同法違反の疑いで2日までに順次逮捕したと発表したようだ。

府警保安課によると、3人は11月29日午前0時ごろ、19歳と22歳の女性従業員を男性客4人の隣に座らせ、ビールをつぐなどの接待行為をさせた疑いがあるそうだ。

こうした接客をするには風俗営業の許可が必要だが、同店は一般的なバーと同様に食品衛生法の飲食店許可しか受けていなかった。

府警によると、ガールズバーは複数の女性バーテンダーがいるのが売り物で、06年ごろに大阪で発祥し、現在は府内に約60店あるらしい。

府警は実態をつかむため立ち入り調査を進めており、家出中の15歳の女子高校生を働かせた容疑で今月、別のガールズバーの経営者(35)を逮捕している。

タグ:

この記事は 2008年12月5日 の 1:49 PMに投稿されました。