大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

大阪 梅田 ホテルヘルス「クッキングママ」の生体験談

[PR]
今は好みの女性で絞り込むのが常識!!風俗FLASH!

大阪の風俗は俺様の風俗生体験記からホカホカの大阪風俗体験談を抜粋!

大阪 梅田 ホテルヘルス「クッキングママ」の生体験談 大阪 梅田 ホテルヘルス「クッキングママ」の生体験談 大阪 梅田 ホテルヘルス「クッキングママ」の生体験談
クッキングママ在籍
まいさん(41)
バスト:80㌢(B)
ウェスト:58㌢
ヒップ:86㌢

2011年10月07日(金) 守護神IIさん44歳の体験談

休み前にスッキリしようと、いつものように携帯電話を使い大阪風俗情報サイトのまいど風俗ネットで人妻ホテルヘルスを探す。見つけたのが、入会金、パネル指名料、90分プレー料金、ホテル代全込みで1万5千円というクッキングママ梅田本店。

梅田で風俗店が集まっている兎我野町の法華クラブ前から店に電話をかけ、場所を教えてもらう。少し歩いたスナックビルの3階でした。3階でエレベーターを降りると、「いらっしゃいませ」とスタッフさんに出迎えられ、受付に案内される。

「先ほど、お電話をいただいた・・・」
「はい、まいど風俗ネットを見ました」
「ありがとうごいます。まず、システムの説明をさせていただきます」。

もちろん、ホームページに書かれていた通りの激安料金。当初の予定通り90分全込み1万5000円で遊ぶことにし、続いては嬢選び。20枚近いパネルを前に、「ここに並んでいるパネルの奥様方は全員スグにプレー可能です」とスタッフさん。まさに選り取り見取り。その中から、小柄でいかにも淑女という感じのまいさんを選択。

待合室に通され、10分と待たずにスタッフさんに呼ばれエレベーターでまいさんと対面。パネルより少し1、2歳上に見えるもののなかなか可愛い奥さん。ホテルは歩いて5分ほどの元ビジネスホテル?ってつくりのところ。中に入ってみると、お風呂もあるし、狭い部屋よりはうんとマシです。聞けば、このお店には未経験で入店して、数年が経つベテランさんとのこと。それだけに、お風呂の準備などはテキパキと無駄な時間は使いません。

その間に歯磨きを済ませ、ベッドに座っていると「お待たせぇ」とまいさんもやってくる。歯を磨いてあるので、まいさんの顎を持つとキス。唇が離れると「いきなりだね」とまいさん。

「会った瞬間からキスしたかった」
「ホント?」
「だって、顔が好みやもん」
「もう、うまいこと言ってぇ」
「本当だよ。その証拠にキスしただけで、こんなになってる」、

まいさんの手をズボンの前に触らせる。ズボンの中には勃起しているペニス。

「あっ固い」
「でしょ」
「うん。じゃあ、もうお風呂行っちゃおうか」。

お風呂で丁寧に体を洗ってもらい、ベッドに戻る。ベッドに乗り、キス。唇が離れると「どうしたら、いい」とまいさんが聞いてくる。

「せめたいから、仰向けに寝て」
「はい。優しくしてね」。

覆いかぶさるようにキスをしてから、乳首を舐める。「あんっ」。舌先が初めて右の乳首に触れた瞬間、飛び上がらんばかりに感じ、喘ぐまいさん。左右の乳首を愛撫していると「お願い、さっき見たいに吸って、あれ、感じるの」とまいさん。実は吸ったんじゃなくて、唇を歯にかぶせ、乳首を左右から挟んで舌で先端を舐めたんですけどね。この愛撫でまいさんの感度のギアが一段階上がる。

今度はクンニ。クンニを開始する時点ですでにオマンコは濡れ濡れ。そこで、人差し指を挿入し、膣の天井を擦りながらクリトリスを舐める。すると「あっ、あっ、いい、いい」とさらに感じ方と喘ぎ声が大きくなり、「あっ、あっ、いきそう、いきそう」と絶頂が近いことをアピールしてくる。

「いっていいよ」
「本当?あぁ、気持ちいい、いい、いい、いい、いくっ」。

太ももにギュッと力が入り、クンニする頭を挟みつけながら絶頂へ。

「今度はうつ伏せになって」
「えっ?」。

まいさんが、戸惑った表情を見せながらも素直にうつ伏せになる。そのお尻の付け根にペニスを挟みこみバック素股へ。「あっダメ。それ危ない」「大丈夫。ほらっ、つんつん当たるだけでこれ以上奥にいけないから」。そう言って腰を振り続ける。

「あっ、あっ、あっ」
「ん?気持ちいいの?」
「は・・・い」
「俺も気持ちいいよ。ほらっ」。

さらに強く腰を押し入れて振る。

「あっ、あっあっ。ダメ、ダメ本当に危ないから」
「大丈夫だって。それ続けるならゴム付けて」
「ん?いいの?」
「入れちゃダメよ。でも、その素股するなら、生だと怖い」
「じゃあ、まいさん、その前にフェラして」。

上半身を起こしたまいさんの口元にペニスを押し付ける。まいさんがそれを口に含み、仁王立ちフェラの始まり。ぐっと気持ちよくなり、完全勃起したところで「まいさんがゴム付けて」。自分のペニスに人妻にコンドームをかぶせさせるって、これだけでも十分興奮するプレーですね。「ああん、あなたの太いからうまく入らない」。何とか装着し、プレー再開。まいさん、自分の股間に手をやり、「乾いてきたからローションつけるね」。ローションをつけて再びバック素股。ゴム付きなので遠慮せず腰を押し付け振る。

「あぁ、気持ちいい」
「私も・・・当たってるから、すごい気持ちいい」
「どこに当たってるの?」
「あそこ」
「あそこじゃわからないよ」
「いやっ、言えない」
「言って。どこが気持ちいいの?」
「あん、ク、クリトリス」
「クリトリスがどうして気持ちいいの?」
「あなたのが当たってるから」
「俺の何が当たってるの」
「あなたの太いオチンチンが私のクリに当たるから気持ちいいのぉ~」。

この言葉責めが効いたのか、本当に気持ちいいのか、しばらく続けると「あっ、あっ、あっ、またいきそう。いきそう、あっ、いく、いく、いく、いっくぅ」と腰を突き上げ、まいさんは2度目の絶頂へ。この絶頂を機に正上位素股へ。ゴム付きなので、亀頭が大陰唇に隠れそうなくらお密着させ腰を振る。

「ほらっ、そんなに感じてると、濡れてるから入っちゃうよ」
「あっ、あっ、あっ」
「あれっ、返事が無いってことはいいってことかな」
「あっ、あっ、だめ、ダメよ」
「でも、こんなに濡れて欲しいんじゃないの」
「知らない、でもダメなの」。

そんな、やり取りをしながら腰を振っていると興奮が増し、ついに射精の瞬間が訪れる。

「あっ、俺、いきそう」
「うん、来て、いっぱい出して」
「ゴム取って、お腹にかけてもいい?」
「いいよ、いっぱいかけてぇ」。

腰を引き、ゴムを引き抜いた瞬間、精子が飛び出る。

「あっ、あっ、あっ、出てる、いっぱい出てる」。勢いよく飛び出た精子はお腹だけじゃなく胸にまでかかってました。「ふ~、もうちょっとで顔にかかるところだったね」「うん、すごい。掛けられたって感じした」。

少し時間は余っていたものの、早めにお風呂に入り、まったり過ごしました。まいさんは、見た目も良くて、プレーも献身的。プライベートではご無沙汰らしく、「あなたみたいに上手い人に愛撫されると本気で感じるの」って、嬉しい事も言ってくれました。仕事って感じじゃないラブラブプレーが楽しめて、おススメですよ。

■投稿者評価[MAX★★★★★]
女の子のレベル= ★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

★ショップデータ★
店名:クッキングママ
業種:ホテルヘルス
住所:大阪市北区兎我野町 各線梅田駅徒歩10分
営業:10:00~22:00
電話:06-6311-1919
URL :http://www.inran.tv/

タグ: , , ,

この記事は 2011年10月14日 の 6:28 PMに投稿されました。