大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

風俗店案内所の売上金1500万円奪われる

2日午前2時45分ごろ、大阪市天王寺区逢阪1の路上で、同市東住吉区の風俗店無料案内所経営の男性(54)と従業員3人に、2人組の男が包丁を突きつけて「金持ってるやろ。渡せ」と脅した上、従業員の1人に催涙スプレーを吹きかけ、所持していた約1500万円入りのアタッシェケースを奪ったそうだ。

男らは黒いミニバイクに2人乗りして逃げたが、4人にけがはなく、天王寺署は強盗容疑で男2人の行方を追っている。

天王寺署は強盗事件として捜査しているようだ。発表によると、2人組の男の1人は25~30歳で身長は約165センチ、クリーム色の半袖Tシャツに黒っぽいズボン姿で野球帽をかぶっていたという。

もう1人は20~30歳で身長は約160センチ、黒っぽいスエットウエアを着てサングラスをかけていたらしい。

奪われた金は1か月分の売上金だったという。

ってことは、最低1日に50万円の売上がるのね・・・。強盗に目をつけられ、売上判明で次は税務署に・・・。コワッ

タグ:

この記事は 2008年9月3日 の 1:19 PMに投稿されました。