大阪風俗ニュース事件簿 – デリヘル特ダネ情報

女子高前にも設置!風俗求人誌、規制逃れでラック爆発増!

大阪 風俗 女子高前にも設置!風俗求人誌、規制逃れでラック爆発増!
↑↑↑
こんなのよく色んな場所で見ませんか?これが問題にされてます。どうなる風俗求人誌業者さん。。。

風俗店の求人誌(フリーペーパー)が、飲食店の店先や街頭に設置されたラックに大量に置かれて不特定多数に配布されているとして、大阪市は今月中旬から、初めての実態調査に乗り出すことを決めたらしい。

設置場所は大阪市内だけで約1000カ所に上るとされ、同市は5月末をめどに結果をまとめ、今後の対策を講じる。

学校付近に設置されたラックも多く、風営法で規制されている風俗店での年少者(18歳未満)雇用を助長する恐れもあり、大阪府警も街頭ラックの監視を強化していく方針らしい。

大阪府迷惑防止条例では、求人募集を含む迷惑ビラを公共の場で配ることを禁じており、府警は「要請があれば、指導や取り締まりも行いたい」としている。

実際には、風俗店の求人に関するフリーペーパーは市内を中心に十数誌が発行され、ファッションヘルスやキャバクラなどの求人広告を掲載。ラック業者に段ごとの使用料を支払い、配送も委託している。設置場所は中小の飲食店や美容院、ビデオ店が中心である。(大阪風俗ニュース探偵クリス)

こうしたフリーペーパーの中には、グルメガイドや新作映画の紹介記事を載せるなど、一見すると一般のタウン情報誌のように見える媒体もあり、「風俗求人誌と気づかずに子供が家に持ち帰ってきた」「風俗の無料案内所と変わらない」などと、市に苦情が寄せられるのも無理はない。

公道上に置かれたラックは無許可の屋外広告物とみなし、道路管理者と連携して撤去を進める考えで、店舗敷地内のラックについては調査結果がまとまり次第、府警と連携して対策を検討するらしい。

「月収80万円以上のアルバイト満載」などと、高収入をうたうフリーペーパーを街頭ラックに並べる風俗店の求人システムは、大阪府が迷惑ビラの規制を強化した平成17年末以降、取り締まりを逃れる形で爆発的に増加したようだ。

表紙はクーポン誌を装い、不動産情報誌などと前後して並べるラックも多く、実態調査を決めた大阪市は「気軽さから手に取る中高生も多い。悪影響は看過できない」と警戒を強めているらしい。

■業界通によると・・・。

風俗店の女性求人は昔から求人誌によて募集するのが通例で現在も根強いという。しかし大阪府条例で求人誌そのものを直接女性に配布する行為が禁止されてからは、確かに街頭ラックが非常に目立ちだし、各求人誌業者も設置場所を拡大している。

道路を挟んで女子高と向かい合う大阪市内のある飲食店前。生徒の通学コースだが、性風俗の求人フリーペーパーを並べた街頭ラックが公然と置かれている。

大阪市や当局も動き出して当然という。ラックを置いている店側にも撤去するよう協力を求めていきたい。

しかし、1誌で推定、7000万円/月もの売り上げがある業界最大手の求人誌発行会社は強気の発言をしているという。今後の動きに注目であるが、次のトレンドはネットなのであろう。

タグ:

この記事は 2008年4月5日 の 12:39 AMに投稿されました。